Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emdarkblood.blog101.fc2.com/tb.php/406-921bb226

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最高峰への挑戦

 と、ゆーわけで、登ってきました~。

DSC00472.jpg
 富士山!!


 ・・・い、いや、これ、確かに富士山なんですよ?遠目から見ると、青く澄んで美しい山ですが、五合目まで登って頂上方面を撮るとこんな感じなのですよ~。
 ほんとですよ~??


 ・・・まあ、さておき・・・
 当日は、朝早くから出発し、一路、山梨側の登山口「河口湖口」へ。

 まず、登山前に、麓の神社で登山の無事を祈願します。
DSC00453.jpg

 で、昼食~。
SBSH0195.jpg

 名物の「ほうとう」です。
 ひらべったい麺のうどん、といった感じでしょうかね?

 ただ、具が半端なく、かぼちゃが1/4くらい突っ込んであったり、となかなか豪快な料理でした♪


 昼食後は、有料道路のすばるラインを通って、五合目の駐車場へ~。
 ・・・入口で、「駐車場にとめられないかも?」ちらしをもらい、へこむ一行・・・。

 まあ、多少並びましたが、無事、五合目駐車場へ停められました。

 いや、もう、広い広い。人も多い多い。
DSC00469.jpg
 ただ、話を聞いてると、五合目までバスで来て、そのまま引き返すパターンも結構ある模様です。

 
 ・・・まあ、こんだけ大きなレストハウスが立ち並ぶ場所なら納得ですけどね~。

 ここで、しばしの休息をとって、夕方に出発予定です。

 にしても、山の天気は変わりやすいもので、霧に包まれたかと思うと、次の瞬間には晴れて・・・なぁんて繰り返しておりました。おかげで、こんな光景も・・・
DSC00475.jpg

 ・・・ちょっと、「雲海」って感じで、気に入ってたり♪


 と、まあ、ひとまず、レストハウスでお土産を買って、ここで少し早い夕食を・・・。
 富士山を象ったマーボー丼、「噴火丼」と
SBSH0196.jpg

 日本一高い所にあるパン屋で焼いたメロンパン「富士山メロンパン」
DSC00476.jpg

 を、頂きました。


 と、はしゃぎつつも、ここで少し仮眠をとり・・・

 19:30
DSC00470.jpg

 いよいよ、出発です!!


 まずは、だいぶ日が落ちつつある、舗装された登山道を歩きます。
 このへんは、起伏はたいしたことがないのですが、最初にくだり、そのあと登り始めるので、少々ペースを上げ過ぎてしまうとか。結果、これが高山病を誘発する、なーんて聞いてたので、気持ちゆっくりめで歩かせてもらいました。

 そんな感じでゆるゆると六合目へ到着。
 ・・・しかし、この時点で若干の頭痛を感じる始末・・・。
 高山病かな~?とか、思ってたのですが、夜道を照らすヘッドライトのしめつけのせいで痛みを感じてたとゆー・・・w
 でも、気圧の変化ってのは、体にはわかりづらいですが、如実にあるわけで~・・・

 登山前
SBSH0194.jpg

 五合目
DSC00477.jpg

 頂上
DSC00498.jpg

 ええ、周囲の気圧がさがるので、膨張するんですよね~。
 ・・・てなことを確認するためだけに持ち歩いてたかっぱえびせんwww


 さて、この六合目から、本格的に登り始めます。
 とはいえ、それでもまだ「歩ける」程度の傾斜。ステッキ片手に歩きますが、このへんは足場が・・・。いわゆる「砂利道」なので、今一つ進みづらいんですよねぇ・・・。膝への負担は少なくて済むのですが、いまひとつ進めている実感が少なく、精神的にも疲労が・・・w

 それでも、えっちらおっちらと登り、七合目~。
 このあたりから、だいぶ岩場が多くなってきます。そして、ある程度等間隔に山小屋があるので、休憩場所には事欠きません。
 ・・・とはいえ、このあたりからかなり傾斜が急になるので、手をついて、全身で登るようになります。・・・って、ロッククライミングほどひどくはないんですけどねw


 しかも、このあたりから、かなり風が吹くようになり、山小屋の陰から出るたびに、それこそ体をあおられかねないような強風にさらされることもしばしば・・・。この風のせいか、どんどん気温も下がっていきます。
 ・・・にしても、週間予報通り、雨降りだったら、もっと厳しかっただろうな~・・・。


 そんな、強風にめげそうになりながらも、八合目を過ぎ、八・五合目、最後の山小屋へ・・・。
 このあたりで、それまで絶えず、周囲にいた人影が一気にまばらになります。

 なんせ、気温はもはや、冬のソレ・・・。正確な気温はわかりませんでしたけど、ともすれば、指先がかじかむほどの寒さです・・・。そのせいか、「すみません、まだ、空きありますか~?」なんて、予定がいと思われる宿泊を山小屋にお願いする人なんかも・・・。
 ・・・アレ?今、だよね?w

 いや、一応、防寒対策として、Tシャツ→長そで一枚→トレーナー→ウィンドブレーカーと着てきたのですが、手足の防寒対策が不十分だったと・・・。
 滑りにくく、防寒機能もしっかりした手袋・・・次回への課題ですね~・・・。


 そんな強風にあおられながらも、たまに振り返っては、下界の夜景などを撮ってたりしました。
DSC00486.jpg
 ・・・登山道とってもね~・・・。真っ暗で、何も写りませんてw


 さておき、九合目の鳥居を過ぎ、祠前で風除けしながら、休憩をとります。

 で、そのときにちょっと話した結論。

「これは、予定変更しないと、命にかかわる!」


 ・・・いや、予定では、混みあうであろう、午前2時、3時ごろの登頂を避け、早めに頂上に着いてから、頂上でご来光まで休憩。その後、あわよくばお鉢巡りを行って、三角点の「剣が峰」まで到達できれば~・・・なぁんて思ってたのですが・・・。いやもう・・・
「このままじゃ、凍え死ぬ!!」
 ・・・や、さすがに大げさかもしれませんが・・・w
 でも、ときたま、風に合わせて歯の根があわなくなってたのは事実でw

 そんなわけで、無事登頂!!
DSC00496.jpg
 ・・・した、感動を味わう余裕もなく、そのまま、足早に下山しだす一行・・・。

 え?
 ・・・や、火口とか撮ろうにも、まっくらでなーーーんも写りやしませんてば、HAHAHA。


 その後、つづらおりのブル道をえっちらおっちらと、途中、道に迷いそうになりながらも、下山して六合目・・・。

 ご来光だ!!
DSC00502.jpg

 雲がいい感じにかかってて、こう、横に広がった様子がまたいい感じ~じゃないでしょうか?

 その後、長時間の疲労で痛む膝と足首をひきずりながら、無事五合目へ・・・。
 3時間程度車中で仮眠して、そのまままっすぐ帰宅したのでした~。


 ・・・夕方には寝入って、翌朝まで起きませんでしたよ、ええ・・・。

 と、初登山は、いまひとつ、目標達成ならず、といった感触でしたが、それでも、きちんと頂上まで登りきったのは、なかなかの達成感が味わえました~♪




・おまけ

 ちょうど、公開初日だったようで~w
DSC00447.jpg

 通り道だったので、すこぉし寄り道しましたw
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://emdarkblood.blog101.fc2.com/tb.php/406-921bb226

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

星見 柳人

Author:星見 柳人
ほそぼそとエロゲをメインに同人活動を営んでおります。
いつも「時間がー>_<」と叫んでは、ゆるーく生活しております。

PSUキャラクター紹介
http://emdarkblood.web.fc2.com/on.html

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。